バレエ「ダーナの泉」2019年5月4日 国分寺市立いずみホール

Backstage、Generalprobe、Rehearsalより 写真撮影:尾根田英俊 Hidetoshi Oneda


尾根田様が撮って下さったステキな写真の数々を並べ替え、私流コメントを付けてみた。
Backstage→Back Generalprobe→Gene Rehearsal→Rehe

<配役/服の色>

ルーク(主人公・):吉瀬智弘 /バロル(敵国司令官・):米倉佑飛
ベル(妹役・):榎本祥子   /ティナ(姉役・):中村彩子
アンサンブル(村娘・水色 / 門番・こげ茶 / 召使・薄紫):福泉陽花、平子麻梨絵
女ドルイド兼ストーリーテラー):土田有希 /女神):佐藤真左美


<Story> ※写真をクリックすると、拡大した写真が別画面に表示されます。

Gene
「今日は泉の女神ダーナの感謝祭の日よ、ルーク、ステキなフルピコの音色、聴かせてくれないかしら?」

Gene
フルピコを持ったルークが軽やかに踊る「フルピコの詩(うた)」。
神話でルークが万能の神とあったので、技芸にも優れていたのだろうと、原作を変更、ルークに踊ってもらう事にした。
管楽器各1名だったので、フルート+ピッコロに出来ず、クラリネット+ピッコロの音色の「クラピコの詩」に!
おんぷ音楽館のホームページの中で聴く事が出来る。

Back
私は米倉さんはクールな司令官バロルのイメージになるのではないかと想定していたのだが、ちょっと違った。
男臭い、色気というのか、ギラギラしたものを本番には感じて驚きだった・・・
アンケートの中にもこうあった。「バロル様のサディスティックで妖艶な迫力はゾクゾクしちゃいました。」
バロルは、自分がある若者に殺されるという予言に恐れおののく。が、この妖しく光る玉の中に封じ込められた悪霊が1人の娘にのり移り、その娘が守護神となって自分の命を守ってくれると知り、娘を探しに行く。

Back
ティナがバロルに捉えられて連れ去られる場面。
原作ではバロルの部下2人がティナを捕まえてサッと消え去るイメージだったのが、今回はバロル1人の出演なので、自ら出向いてティナを連れ去るシーンとなった。
獲物をゲットし担ぎ上げ、悠々と立ち去るかの様なリアルな表現は結構生々しくて思わず無言に・・・
孫の1人はこのシーンを見たら「ヤダヤダ!」と怖がって会場から飛び出したらしい・・・

Back

Back
アンサンブルのお二人の躍動感あふれる「異国の踊り」

Back

わっ!
妖精が舞い降りた瞬間みたい。

Back

Gene
終曲、ラストシーン。
泉の、聖なる水の力で蘇ったルークが女神から授かった剣を高々と掲げ、村人に祝福されながらベルと決めポーズをする場面。
剣もブルーでステキでしょ、対照的にバロルの剣は黒と赤のガッチリしたもの。
演出家&舞台監督さんが連携で見つけてくれた。
<私の好きな1枚>  

バロル Gene
バロル、実はゲネプロはメーク前でヒゲがない!でも個人的には私はこっちが好き。
何より気に入っているのは構図。「四つの総」でバロルをイメージする大太鼓を始め、ティンパニ等の打楽器群がバックを固めている。メタリックな色合いがバロルの衣装や雰囲気とマッチ。
うっすら浮かぶ打楽器奏者のお二人は力強く正確なリズムをバロルの踊りや闘いの場で刻んで下さった!

ルーク Back

一転バロルの写真と対照的な本番前のルーク。集中して、舞台の感触、空間、自分の位置を確かめているかの様に思える。どちらかと言うと内に秘めたものを感じさせる吉瀬さんは私のルークのイメージに近い。観客の立場だったら見られない、貴重な瞬間。


ルークとベル Gene
ADAGIOのラストシーン 山の端に日が沈む時の一瞬の輝き、それから闇に溶け込んで行くイメージ・・・と江藤先生にお伝えしたら、ゆっくり渦を巻く様に回って、最後二人が沈み込んで抱き合う振付になった。
ベルの恋している表情・・・それもとてもステキだけれどお二人の脚のラインの美しさに吸い込まれた。
二人のシルエットが富士山と裾野を想像させるというのは静岡育ちの私の、特殊な感じ方?

ティナ Back
仲の良かった姉妹の心に疑念や、すれ違いが・・・ティナの役は難しく出番が多くてタフ。
でも本番の中村さんの集中した演技にはグッと来るものがあった。

アンサンブル Back
アンサンブルのお二人が心底輝いて見える瞬間!
持っている雰囲気や個性の全く違うお二人なのにシンクロして、息の合ったステキな踊りを見せて下さった。かなりのブラボーと拍手がかかりましたね!
<後姿> バレエダンサーの後姿、何かきれい・・・

Back

Back

Back
<その他>
Back
Back

Back

Back

Back

Back

Back

Back

Back

Back

Back

Back

Back

Gene
 

Rehe

Rehe

Rehe

Rehe

Rehe

Rehe

Rehe

Rehe

Rehe

Rehe

Rehe
 
見にくいけれど、ちょっと気づいて欲しいお二人の出演者

Gene

Back
女ドルイド(占い師) 
白い衣装に身を包み、バロルに運命の玉を授け立ち去る後姿。

Back
女神 
左側奥に銀の壷を持って微笑む女神。聖なる泉の水の力でルークが息を吹き返し、ティナも元に戻り、姉妹は喜び合う。
スタッフ他

Gene

Back

Back
最後の出演者のご挨拶(アンコール)の順序はやはり事前に考えておかなければならなくて、多分私は作者だから、一人最後に舞台に出て行くのだろうと思っていたら・・・
本番前日、振付の江藤先生から男性ダンサーに私をエスコートする様にとのご指示。     
「んまあ、何て粋な計らい・・・若いステキな男性に手を取って頂けるなんて、こんな事、一生にないわ!」と、思わず口にしてしまった。でも終わってみれば「これ、一生に何度あってもいいかも!」と思う、ちょっと欲深お婆さんになっていた。
   


Copyright Omp Office, All Rights Reserved

戻 る