> HOME  > バレエ「ダーナの泉」  > バレエ「ダーナの泉」公演記録 > 写真集「本公演」


バレエ「ダーナの泉」2019年5月4日 国分寺市立いずみホール

 写真撮影:O.S.アーツプロダクション株式会社 小笠原英樹
※写真をクリックすると、拡大した写真が別画面に表示されます。


  公演の紹介  


2019年5月4日、国分寺市立いずみホールで、バレエ「ダーナの泉」を開催しました。


全 景
舞台奥にオケ総勢15名。グリーンの衣装で指揮の江藤先生共々、森の雰囲気を演出。
奥の壁に掲げられているのは、このお話に登場する2つの国の地図。
向かって左の青い国が平和なフロレスタン国。右の赤黒い国が恐ろしいフォモール国。
ダンサーはオケの前で踊り、今どちらの国の話なのか地図がランプで照らし出される趣向。


 バレエ「ダーナの泉」 プロローグ 

此処はフォモール国の宮殿の一室。登場したのは白い衣装に身を包んだ女ドルイド。
ケルトの世界では、ドルイドは天文、自然界の摂理に通じ、王の未来を占い、 時に助言・忠告ををする重要な存在であったと言われている。

フォモール国を支配するバロルの登場。絶大な権力を持つバロルではあったが

今日は神妙な面持ちで、ドルイドの行う占いの傍らで・・・

今、まさに下される自分の未来が如何なるものか、固唾を呑んで見守っている。

しかし、そのお告げが不吉に感じ、思わず立ち上がるバロル。

お告げは、自分がいずれ1人の若者の手によって命を落とす、というものであった。
慌てふためき、その運命を変える手段をドルイドに問うと

ドルイドは懐から虹色に光り輝く玉を取り出しこう言った。

「この玉には悪霊が封じ込められておる。1人の若い娘がこの玉に触れた瞬間、稲妻の様な光と轟音が鳴り響けば、それこそ悪霊がその娘に乗り移った証(あかし)。その娘はお主の守護神となり、終生その命を守ってくれるであろう。その娘とはフロレスタン国の領主の娘である。」

バロルは喜び、玉をドルイドから受け取り、フロレスタン国に向かう。


全 景
以上のシーンは全景ではこんな感じで展開されています。
プロローグはフォモール国の話なので赤黒いフォモール国の地図にライトが当たっていますね。
右端に浮かぶ大太鼓は、バロルの踊りの時に使われる、重要な楽器です。
 


 フロレスタン国 女神ダーナの感謝祭 

      所変わって、此処はフロレスタン国。今日は泉の女神ダーナの感謝祭の日。
      領主の二人の姉妹をはじめ、村人達は祭りの準備に忙しい。
      音楽では、ホームページの「ティナとベル」「フルピコの詩(うた)」他数曲を使用。


フロレスタン国の領主の娘達の登場  赤い服の姉のティナ 白い服の妹のベル
 >> ♪音楽 「ティナとベル」

 活発でいささか男勝りな性格だが、妹の面倒を良くみるティナ、そして可憐で優しいベル。 

二人の村娘も登場

 村娘達はコップやお酒を用意したりと、感謝祭の準備に忙しい。
→ 今回の場面では「ティナとベル」「フルピコの詩(うた)」の音楽も使われています。
  ホームページ「ダーナの泉」に音楽をアップしておりますので、是非こちらもお聴き下さい。
  
>>「ダーナの泉」のページ

この日を待ち焦がれていたので、誰もがウキウキしている。

村娘達の呼ぶ先に・・・

 さすらいの青年ルークがフルピコという楽器を持って登場。
 >> ♪音楽 「フルピコの詩(うた)」

フルピコは笛の一種。
彼がフルピコを吹き、踊ると、村人達は皆、その美しい音色と軽やかな踊りに魅了される。

ルーク、村娘達は一緒に踊る。

 
フルピコの音色を聴かせてくれている実際の奏者にルークと村娘達はうっとり聴き惚れる、というシーン



全景ではこの様に踊られています。

バックの絵地図ではフロレスタン国を表す青い国が光っています。


Copyright Omp Office, All Rights Reserved

戻 る