> HOME  > バレエ「ダーナの泉」  > バレエ「ダーナの泉」公演記録 > 写真集「本公演」No.3


 フロレスタン国 ダーナの泉のほとりで 

 村人達は、女神からの聖なる泉の水を大事そうに抱え、帰途に着く。
 日はとっぷりと暮れ、静まり返った泉のほとりで、ルークとベルのアダージオが踊られる。
 この村を訪れたルークは今、ベルと恋に落ちている。
ベルがやって来る

ふと気配に気づき顔を上げるルーク


 姿の見えない妹のベルを心配し、探しに来たティナ(舞台下)は二人の姿を見つけ、何とも言えない切ない気持ちになる。
 あえて二人の方向ではなく、観客側の中空に虚ろな視線を送り、歩きながらその心情を表現する。その演劇的な手法が面白い。
      全体的に青と白で描かれる静寂の世界の中で、燃え上がる若い二人の熱い想いと
      それを見た姉のティナの複雑な心情を描きたいと思った。

<< 写真集「本公演」No.2 へ     写真集「本公演」No.4 へ >>


Copyright Omp Office, All Rights Reserved

戻 る