> HOME  > バレエ「ダーナの泉」  > バレエ「ダーナの泉」公演記録 > 写真集「本公演」No.5


 フォモール国 バロルの宮殿 

ドルイドが登場、此処がバロルの支配するフォモール国の宮殿である事を告げる。そして呪われた玉の秘密について思い起こさせる。
「フロレスタン国の領主の娘が自らの意思でこの玉に触れ、その瞬間閃光が走り雷鳴が轟けば、それこそ玉の中の悪霊が娘に乗り移った証拠、娘はバロルの守護神となり、バロルの命を守るであろう。」

逃れようとするティナを押し留め

「面白い物を見せてあげよう。」とバロルは言葉巧みに誘う。

それは不思議な虹色に光を放つ玉。訝しげに玉を見つめるティナ。

玉の放つ妖気にクラクラとし・・・

遂にバロルの手にある玉に触れ、受け取ってしまう。


そしてうっとりと抱え


バロルに忠誠を誓ってしまう。

此処からバロルとティナのパ・ドゥ・ドゥが始まる。
泉のほとりの、しっとりとしたルーク(青)とベル(白)のパ・ドゥ・ドゥとは対照的な、バロル(黒)とティナ(赤)の激しく情熱的な踊り。

全景。地図の右側、赤と黒のフォモール国が光っている。


二人の踊りの終わった後。良く見ると舞台上左右に、黒い服の門番がいるのがおわかりだろうか?
実はそのシーンを写している写真が無いのだが、会場右手側のドアから、某国の王子と王女に扮したルークとベルが貢物を持ってバロルの宮殿にやって来る。そして右階段から舞台に上がって来るが、その時、門番に「待て、その剣をこちらに。」と言われ、ルークは聖剣を差し出す事になる。

誰が訪ねて来たのかと客人の方向を見るバロルとティナ。


<< 写真集「本公演」No.4 へ  


Copyright Omp Office, All Rights Reserved

戻 る