HOME blog日々雑感 pastrale 音楽活動・Profile 作品 リンク
 

 


・音楽活動
  > 1989-2000  ♪ 2001-現在  > 最新情報

Profile

 

「お世話になった方とともに音楽を楽しむ会」
空

2011年9月17日  於:松本記念音楽迎賓館

   神戸レクイエム

          松尾正信

なにも云わずに
誰にとでもなく
とても身近な、こころの淵から

誰にでもなく、ひとびとは
かざることなく 愛を語る。

失うものとて 今はなく 
生きる術さえ なくしそうでも

そんな事はない、涙ぬぐい
生きるよろこび 見つけるまでは

ひそかに しずかな
かよわす おもい

ああ そ、そうよね
吹く風 差す陽よ

生きて行くのよ、 どんな時にも
ながれる調べは 今、此処

今、此処
あなたは、故里。

 

♪ 当日の演奏をYou Tubeで
  お聴き下さい。



演奏日   2011年9月17日
演奏場所 松本記念音楽迎賓館(世田谷区)

作詞 松尾正信
作曲 岡本由利子

歌    葉月さや
チェロ  岡本利彦
ピアノ  岡本由利子

「ラメンタービレ アーメン」から神戸レクイエム」へ

 この曲の原曲は、私のピアノ小曲集「母(ママ)の情景」(1997年9月全音楽譜出版社)第10曲、「ラメンタービレ アーメン」です。
ピアノソロでは何回か演奏しましたので、ご存知の方も多いかと思います。
1995年1月17日に阪神・淡路大震災が起こり、震災後の炊き出しの、立ち昇る湯気からこの旋律が生まれました。

その後、冬木亮子さんによりドイツ語の詞がつけられ、混声合唱曲としてコンサートで発表しました。
その時、会場にいらした神戸出身の松尾正信氏が、のちに連絡を私に下さって、日本語の歌詞をつけてみたのだけど、と上記の詞を送って来て下さいました。

2004年、神戸で開かれた「神戸メモリアルコンサート in KOBE」で、葉月さやがこの「神戸レクイエム」を初めて歌いました。

そして今年2011年3月11日、未曾有の大惨事、東日本大震災が起きてしまいました。
今回、歌とピアノにあらたにチェロの音色を加え、編曲をしました。
主人と娘と共に、心を込めて演奏したいと思っております。

                    2011年 9月14日  岡本由利子

 

 


  
 

Copyright 2011 Omp Office, All Rights Reserved